駄目人間日記

式姫草子の事をメインに書いております。最近は艦これとブレフロも少々。 ヘッダー画像は「成田るみ」さんの雷電姉妹を使用させて頂いています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

温度差

ちょっとした出来事が起きたのでその事でも今日は書きます。

日曜日から上司が長期休暇で5日ほど休んでいます。
上司と私しか機械を動かせる人がいないので、上司がいない5日間は私が出勤して機械を動かさなければいけません。
その中でも今日はとにかく忙しい日。
私、同僚Aさん、Mさん、Oさん、新人Oさんと上司以外の5人フル出勤です。
普段は皆7時出勤なのですが、今日は忙しいとの事で全員6時出勤。
朝も早くげっそりでしたが、頑張ってきました。

いつもは上司と私で機械の仕事を分担するのですが、上司が長期休暇中なので機械を全て1人で回さないと行けません。とんでもなく辛いです。
でまぁ~忙しい忙しい言いながらも皆で頑張って仕事をし…午前11時頃に私が皆にこんな事を言いました。

こころ:「先週の今日ってどれくらい物作ったかわかる?」

今日来た材料がいつもより大きくて、いつもと同じ量を作ったら作りすぎなんじゃないか?と言う不安から、皆に先週作った量を聞いてました。
先週の量がわかれば、大体こんなものか~と目安がわかるので…。

が、そもそも機械の仕事は私と上司のみの担当。
機械を触ってない人がわかる訳がありません。
じゃぁ何でそんな事を聞いたのか?と言うと

こころ:「確か、先週作った分のログがPCで出せたよね。誰かそのやり方知ってる?」

随分と前に教わったのですが、長い事出してなかったので私はすっかり忘れてしまっていました。なので、皆に知らないかを聞いてみたのです。

同僚A:「あ~前に習ったよね!でも私も忘れちゃった~」

同僚M:「私PC苦手だからわかるわけないよ」

と誰も出し方がわかりませんでした。

こころ:「やっぱりそうだよね…。じゃぁ上の人にお願いして出してもらうしか無いか~」

と言う事で別の上司に同僚Aさんがお願いして来てくれました。

同僚A:「上司Kにお願いしてきたよ~!出してくれるってさ」

こころ:「ありがとう~!助かります♪」

これで先週の量も知れるし一安心です(*´∀`*)
数十分後、持ってきたのは頼んだ上司Kとは別の上司Aでした。

上司A:「これ、前回のデータ分ね」

同僚A:「あ、ありがとうございます。」

上司A:「どこが知りたいの?」

同僚A:「えっと、こころさんどこら辺?」

こころ:「あ~これとこれと…」

正直言ってこの上司Aですが嫌いな人です。とにかく嫌いで話したくない。
ですが、折角データ持ってきてくれたので色々と聞きました。

上司A:「こんなもんかな?」

こころ:「はい、ありがとうございます♪助かりました~。」

上司A:「ここに紙は置いていくね」

こころ:「は~い」

愛想良く返事はするも、心の中ではとっとと帰れ連呼。
持って来てくれたのに何て酷い事を言うんでしょうかね(笑)

無事、量を知る事が出来てどれくらい作れば良いのか目安が出来ました。
安心して仕事を再開。そして数十分後のちょうどお昼12時頃。

作業場に1本の電話が入りました。

同僚Oさんが電話に出ると、事務所からの電話でした。

事務所:「上司さんが電話下さいって言ってましたよ~」

こんな超忙しくて皆でせっせかやってる時に電話なんて無理だよ!

と言う事で上司への電話担当のこころは無視をする事にしました。
もうちょっと落ち着いてから電話するから待ってて~と。
皆ももちろん

同僚A:「この忙しい時にのんきに電話なんてしてられないよね!」

と私の味方です。
もうちょっとしたら落ち着くから待っててね~と心の中で思っていたら…

作業場のドアがガラッと開きました。

そのドアの方を見ると、先ほど電話をくれた事務所の人

事務所:「上司さんが大至急連絡下さいって…」

こころ:「え?大至急ですか?わかりました。ありがとうございます。」

大至急って何様よ!
って皆で突っ込みながらも仕方なく電話する事にしました。

上司:「もしもし」

こころ:「大至急連絡下さいだって?無茶言わないで下さいよー!」

いつもの軽いノリで開口一番に上司に突っ込みを入れました。

上司:「今、どんな感じですか?」

こころ:「どんなって…もうてんてこ舞いですよ。」

上司:「どんな状況ですか?」

こころ:「え~っと、どんなって…。あ、その前に1つだけ聞きたい事があって、○○を切ったんですがこれ包み直しとかした方が良いですか?」

上司:「いや、いいですそのままで。間に合って無いんですよね?」

こころ:「え?あ、機械の方がちょっと間に合って無いってだけで、巻き直しの方は人が空いてるので大丈夫ですよ?」

上司:「いや、そのままでいいです。ってか作業間に合ってるんですか?」

あれ…?何かちょっといつもと違う?
いつもの大げさなオーバーリアクションも無いし声低いし、何だろう…?


こころ:「えっと、作業の方は何とか大丈夫ですよ」

上司:「何か、上司Aさんからメール来たんですけど、『お前がちゃんとしないから皆困ってたぞ』とか『これだからお前は頼りない』とか言う変なメールが来たんですよ。」

こころ:「はい」

上司:「僕が長期休暇に入る前に皆さんでミーティングしたじゃないですか?その時に説明した内容で理解できませんでしたか?」

こころ:「いや、そんな事は無いですけど…」

あれ?何か怒ってる(゚ロ゚;)!?

上司:「個別に紙まで出して作業内容の指示まで書いたのですが、その通りに出来ませんでしたか?」

こころ:「いやいや、そんな事無いですって。」

何か完全にノリ間違えちゃったパターンですよこれ!
いつものノリで電話しちゃった私こころは死にそうでした。
その後、上司の言う事を少しずつ否定するも次第に口数が減って行く私。

上司:「一体何があったんですか?」

こころ:「いや、実は先週の機械の作業分のデータが欲しくて上司Kさんにお願いしたんです。で、上司Kさんが快く受けてくれて…」

上司:「そのデータを出さなかった僕が悪いって事ですよね」

こころ:「いやいや、本当はそんなデータいらない予定だったんです。ただ、今日来た材料がいつもよりも大きかったのでいつもと同じ分を切ったら多すぎるかな~と思って、先週の切った量を参考にしようとしてデータを出してもらっただけなんですよ。」

上司:「なるほど」

こころ:「だけど、上司Kさんに頼んだのに持ってきたのが上司Aさんだったんですよ。その時にあれ?ってちょっと思ったのですが…」

上司:「きっと上司Kさんが上司Aさんにデータを出すようにお願いして、それが面倒って言うかイラって来たから僕にあんなメール送ったのかな」

こころ:「多分って言うかそうだと思います。上司Aさんって私達の事嫌いじゃないですか?私も嫌いですけど。」

上司:「なるほど、わかりました。」

こころ:「何か折角の長期休暇中にすいません。気分を害しちゃって」

上司:「いやいいんです。ちょっと僕もあのメールでムカッて来ちゃってw メール返信せず無視しますわ」

その後も物量とか色々と話をし続けましたが、最後の方にはいつものノリの上司に戻ってくれました。あ~良かった。
しかし原因は上司Aだったのかぁ。あの糞上司Aめ…消えれば良いのに。
何も出来ないくせに声だけは大きいんだからイラつきますね。本当に。

そんな出来事が今日のお昼頃にありました。

上司に電話した時の私のふざけたノリと上司が電話に出た時のこの温度差が今思うとあまりにも違いすぎてちょっと怖かったです(笑)

まぁ…無事に今日も終わったのでとりあえず一安心です。
ちなみに今日の機械の仕事ですが…
結局、6時~14時まで休憩も無くノンストップでひたすら機械を回しました。
立ち仕事なので足は痛いしトイレも行きたいしで死にそうでした(笑)
こんな忙しい日に機械担当1人はもう無理です_(:3 」∠)_ パタリ

そして休憩時間に、歯医者に行って来ました。
結局、手前の歯は神経まで行ってるとの事で根の治療をする事に…
待合室で待ってる間、眠くて眠くて耐えるのに必死でした(笑)ですが、
治療を始めたら麻酔の痺れた感覚と削る痛みで眠気も吹っ飛びました!
うぅ…今日は本当に大変な1日だった(´∀`;)
上司の長期休暇の残り明日、明後日2日間、頑張ろう…。

スポンサーリンク

| 未分類 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rinrinhatumi.blog52.fc2.com/tb.php/2290-971e4787

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT