駄目人間日記

式姫草子の事をメインに書いております。最近は艦これとブレフロも少々。 ヘッダー画像は「成田るみ」さんの雷電姉妹を使用させて頂いています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

騒音事件

先日あった、はた迷惑な出来事のお話を今日は書きます。

夜の18時半頃のお話。外から車のエンジン音?が聞こえて来ました。
私は知識が無いのでよくわからないのですが…マフラー?を改造?した車とかが停車してると「ブブブブブブ」って心臓に響くような音がずっと鳴ってたりしますよね。うーん、上手く説明が出来ない(´・ω・`)
まぁ、そんな音が聞こえてきたのです!!
私の家の前は道路になっています。
信号が赤になるとこの時間帯は車が渋滞で並ぶ事もあるので

こころ:「外で信号待ちの車の音か~」

と軽く考えていました。しかし…しかしですね

その音がいつまで経っても消えないんです。

と…言う事は近くにその車が止まっていると言う事?と考えました。
近所の人の家?それとも電話の為の停車?など色々と考えましたが
どうせすぐにいなくなるだろう(*´∀`*)と思ってました。
しかし、その「ブブブブブ」と言う音は一向に消えません。
私はその車の心臓に響く音が大嫌いなのでとにかく苦痛でした。
で、私もだんだんとイライラしてきて、窓を開けて外を見ようと思ったら

ブオォォーン!ブブブブブブンブンブン!

と今度はエンジンを吹かす音。それもかなりの音です。
いい加減にしてよっ!と思って窓を開けて見ると…

自分の家の真正面の駐車場にピカピカ光った車が1台止まっていました。
車体も低くて、見るからに改造を施したかのような車です。
そこに大人の男の人が2人いました。
2人で何やら笑いながら話しているのですが、時折車の中に入り

ブゥゥーン!ブブブブブ

と意味不明にエンジンを吹かします。
自分の家の真正面…シャッターも閉めているのですがそれでもうるさい。
とにかくたまったものじゃありませんヽ(`⌒´)ノ

しばらくしてから夜ご飯になったので、とりあえずご飯を食べに行きました。
夜ご飯を食べ終わって部屋に戻った頃にはさすがに…
と期待をしつつの夜ご飯です。そして、夜ご飯を食べ終わり部屋に帰り~

あれ?音が聞こえない!

と喜んでコソッと窓を開け確認しようとしたら

キュルルルルキュンキューンキューン!!!

と馬鹿でかいブザー音(゚ロ゚;)
聞くに、車に取り付けてある防犯ブザーの音でした。
そしてその音の原因は、やはり正面に止まっている駐車場の車。
もしかして、動きたくても動けなかったのかな…?
18時半頃の明るかった空もすっかり暗くなり…
19時…20時…とどんどんと時間が過ぎていきました。
その間もエンジン音やブザー音が鳴っては止み鳴っては止み…。
ふと外を見たら今度は大人の人達が5人6人…とどんどん増えてました。
さすがにこの騒音は皆気になりますよね(´∀`;)
まぁ~早い所、解除?するなりなんなりして移動して下さい。
と心の中で思っていました。

それからはあまり気にしないようにしながらゲームやってました。
それでも度々なるエンジン&ブザー音に

下の妹:「うるさいんだけど!いつまでやってんだよー。私が止め方調べて教えに行ってあげようか!」

と下の妹が私のベットの上で1人で切れてました。
人間て不思議なもので…先ほどまでは私も1人で切れていたのですが
同じように切れている人が側にいると自然と怒りも収まるのですよね。
なので私はもうあまり気にならなくなっていました。
そんなこんなで時間が過ぎ…

再びエンジンをブォォーンと連続で吹かす音。
先ほどまでの鳴っては止み×2と違いかなりの時間鳴らしてました。
まーたうるさくなったなぁ~と時計を見たら23時半

こころ:「え…もうこんな時間じゃん(゚ロ゚;)」

私が最初に音に気づいたのが18時半。既に5時間も経っています。
5時間もずっと何してたの!?えぇ!?
あまりの馬鹿さにとにかく驚きました。

外を見ると大人の人達が先ほどと変わらない人数でガヤガヤと。
ここで気づいたのが、この大人の人達。どうも仲間みたいで…
近所の人達が気になって出たのかと思ったら全然違ってました。
誰も我関せずだったのかぁ(´∀`;)
ってとにかく23時半と言うもう夜更けの時間帯です。
そんな時間にエンジンを長時間吹かす音、そしてブザー音。
近所迷惑なんてレベルじゃないですよ!
幸いにも土曜日だったから『まだ』良かったもののこれは酷いです。
しかもその駐車場の横の家。
私の知る限りでは幼稚園の子供が2人いる若い夫婦さんの家でした。
そんな真横でこの騒音…何て可哀想な…

そして0時過ぎ。
外から『せーのぉ!!』と言う声が聞こえてきます。
気になって見て見ると

そこにいた大人達が手で車を押して移動させていました(笑)

あー…うん。
こういう時って普通、車関係の所に電話するとか、レッカー車呼ぶとか
普通そう考えませんか?それを手押しって…

ネタとして日記に書いて下さい!

と言わんばかりの光景をその日は見させて貰いました。


さて、この話には続きがあります。
その日はもちろん、その後に騒音はなりませんでした。その次の日です。
お昼過ぎに家の横にレッカー車が止まっていました。
そこに何と例の騒音車が乗っていました!

こころ:「うわぁ…結局無理だったんだ。最初からこうすれば良かったのに」

そのレッカー車の周りにはその関係者と思われる大人の人達。
その大人の人達の姿が

ちゃらちゃらした茶髪、金髪のおじさん。
ガテン系のちょっと怖そうなおじさん。


と…みんなおじさんでした。あれ、若い人達かと思ったのに…
と少し予想外の展開に驚き(笑)
そしてそこで更に驚くべき光景を目にしました。

何とそのレッカー車の前に皆で並びポーズをとったりピースしたりで記念撮影をしているではありませんか!!

え…?何で皆で笑って写真撮ってるの?
防犯装置が作動して動けなくなり、レッカー車呼んで記念撮影?

ふ ざ け る な !

あんなに騒音出して近所に迷惑かけといて!!
当の本人達は悪びれた様子も無くヘラヘラと…挙句の果てに記念撮影。

各家を回って地面を頭にこすり付けながら今すぐ謝れ~!

と心の中で怒ってました。少し大げさですがとにかくイラッときましたね。
そ~んな出来事が少し前にありました。参っちゃいますね本当に。

スポンサーリンク

| 未分類 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rinrinhatumi.blog52.fc2.com/tb.php/2015-82479c7a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT